漱石と私

夏目漱石には、十代後半から大きな影響を受け続けている。そして救われ続けている。学んだことなどを中心にしたエッセイである。